Googleが提唱するSEO対策における「オリジナルコンテンツ」の定義

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

SEO対策が活発だったのは今から5年ほど前であろうか、その当時アフィリエイトで月100万円稼ぐなど「アフィリエイト広告」を活用して広告収益を得るという事業モデルが流行った。

当時は私もアフィリエイター(アフィエイト広告で収益を得るマーケター)として、活躍し月60万円ほどの収益もあげた事があった。もちろん会社内である。

実は自分1人で実施するには力不足を感じていた。

そして今、SEO対策は未だにニーズは高いが当時とは状況が随分と変化してきた。

その1つに「アフィリエイト広告」撲滅の為の、Googleが施したネガティブキャンペーンと大きなレギュレーション変更である。

Googleは「良質なコンテンツ」を検索結果の上位に上げるとしたが、裏では実質費用のかからないSEO対策を「アフィリエイト広告」の飯の種として使われることを防止する、これが真実だと思う。

この為従来の検索レギュレーションでは上位に上がることはおろか、100位以上の圏外にペナルティーとして飛ばされるという現象が発生した。

そこで強烈に影響としているレギュレーション変更が2点あり、この2点で多くのアフィリエイターやSEO対策業者は収益の煽りを受け、事業が成り立たなくなった業者も後を絶たなくなった。

1つ目は関連性の深く評価の高い「有効被リンク」以外は有効リンクとして捉われない。

2つ目は「良質なコンテンツ」という文言に「オリジナルコンテンツ」という指定が入る。

要するにどこかでコピーのした記事などは評価対象から外されるという内容である。

この「オリジナルコンテンツ」=オリジナル + コンテンツ記事というものが何を指しているのかが、誰も定義出来ずにいた。Googleも中身を明かさない。

そのほかでは「HTML5」の登場で文書コンテンツと画像コンテンツとのシェアバランス

WEBサイトタイトルと中身の記事、見出し、サイトマップ内の記事同士の関連性などもチェック項目

HTTPS即ちセキュアの有無も評価対象とレギュレーションを変更している。

これらを総合的に考えると「ブログコンテンツ」が最も有効案SEO対策になるというのが見受けられる。

口コミ力、ソーシャルとの連携性、オリジナル性などを考えても「ブログコンテンツ」の有効性は期待出来るし、実際に上位化の成功事例も数多く見てきた。

またブログコンテツとペアの関係となっているのがCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)である。※Word Pressを筆頭に、Movable Type、Joomlaなど存在する。

WordPressよりMovable Typeの方が上位に上がりやすいという実験結果もある。

話は元に戻るが

オリジナルコンテンツ情報の全貌がようやく理解ができた。

オリジナルコンテンツとは他のサイトやサービスに影響または侵食されていない、素のままのプレーンアイディアがWEBページとして存在しているというのが正しい。

競合分析などをすると不安な面も出てくるが、バーニー博士が解明した

「VRIOフレームワーク」による分析が施されているか否かが、このオリジナルコンテンツの評価につながっている。

「VRIOフレームワーク」V=Value(価値)、R=Rarity(希少性)、I=Inimitability(模倣可能性)、O=Organization(組織)のブレークダウンによって発生するWEBサイト資源の有無が評価対象となっている事が分かった。

特にR=Rarity(希少性)、I=Inimitability(模倣可能性)の2点が難しいのであるが、
逆に言えばこのKGIとKPIでSEO対策及びWEBサイトはまだまだ有効である事がわかる。

ここまでは分かったのであるが、実際の記事にしようとするとアナログ処理では量産はおろか、1つ目の作成自体も出来ないかもしれない。

そこをコンサルティング&サポートでサービスメニューが出来上がる。

SEO対策を自分なりに分析

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は幾度となくSEO対策を絡めたビジネスを推進してきた。

いつもあと一歩のところで、その夢は断たれる

何故か目標・システム設計・デザインの3つがバラバラになってしまうところである。

目標:達成が未確定な内容を定義し、それに向かって走る。
しかし、目標とはほど遠いところに着地してしまう為、本来の目標に達成出来ずに終わる

システム設計:システム設計は(1)頭をフルに使う(2)デザインとコンフリクトしがち
(3)焦るが上、最短ルートを考えようとする

デザイン:(1)マーケティングデザインに引っ張られる(2)本来のUXデザインを無視しがち
(3)焦るが上、最短ルートを考えようとする

ここで共通するのは「フォーカスポイント」「時間」「金」「脳内設計」この4つの定義がガッサっとなくなる事がある。

特に最も影響が強いのが「時間」と「空間」、「効果」ここを焦ってしまう。

ここのピントがずれるとマーケティングが成功しない。

逆に考えると「時間」「空間」「効果」を司ることで、戦略は成功への架け橋を作る

設計力、ロールプレイング力、PDCA力、タイムマネージメント

の4つの要素をバランス良くを制御していく

自分が実現出来そうなパート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  1. 社会起業家向けのカフェの選定・・・どのエリア、どんな店構えかイメージが必要
  2. 社会起業家の紹介サイト設計と運営・・・どんなサイトが有効かどういうサービスレベルかの定義が必要
  3. パソコンやスマフォの修理、買取・・・どんな環境でどんなトラブルが多いのかの調査、またどの様に解決して、いつどれ位の費用と時間で解決出来るかの見積もりが必要
  4. 社会起業家向けSEO対策の実績情報速報・・・「ソーシャルハッキング速報」メンバー限定
  5. Webマーケティング、ITストラテジの相談機会・・・Webマーケティング実績と対象資格保有、ITストラテジ実績と対象資格保有(ITパスポート、ITストラテジスト)
  6. 利用者との写真撮影とリアルとWEB掲載・・・サイト運営にはブログと写真ギャラリーが不可欠
  7. 社会起業家ブログSEO対策の講習とプロジェクトマネージメント・・・ブログ活用とSEO対策の講義メニューの策定と実施マニュアル作成
  8. ブログのいけてる写真ギャラリー・・・撮影スキルと保管庫、管理方法
  9. 社会起業家との食事会と番組表・・・サイト運営にはイベント案内と掲載管理、写真ギャラリーが不可欠、特設ページのサービスレベル設計の必要

以上をまとめると

「Webパブリッシング」が必要

「SEO対策」と「施工事例」が必要

「ITストラテジスト」資格保有と「施工事例」必要

「ブログSEO対策」の公演と展開マニュアルが必要

デジカメ撮影のスキルとデータ管理が必要

イベント案内掲載設計と写真ギャラリー設計が必要

特集企画ページの作成技術とフレームワーク作りが必要

要するに
(1)Webパブリッシャー
(2)SEO対策士
(3)ITストラテジスト
(4)デジカメ撮影プランナー
(5)ブログプランナー

の5つのスキルと実務の出来る人材として活動する

総じると「プロフェッショナルWEBパブリッシャー」

不満と妄想から夢と実現に向けて

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「ソーシャルハッキング」「100人の社会起業家」「インターネットユーザー」果たしてこの3点で夢を実現出来るのか?

これだけでは不十分だ。

まず「100人の社会起業家」とインターネットのプロセスだけで関係と信頼を築き、利便性を感じ継続的な関係づくりが出来るかというと無理がある。

次に「100人の社会起業家」と「インターネットユーザー」がイコールになるか?という点、

ならない。むしろリアルコミュニケーションの方が出会いと関係は築きやすい。

よってこれだけでは不十分という答えになる。

「100人の社会起業家」と「インターネットユーザー」の空間に様々なプロセスが必要だ。

例えば

社会起業家向けのカフェ(地域限定)

・社会起業家の紹介サイトへの投稿

・Facebookの社会起業家コミュニティー

・地域活性化イベント開催と参加

・パソコンやスマフォの修理、買取

・株式、為替、Fintechの実況・セミナーカフェ(地域限定)

・社会起業家向けSEO対策の実績情報速報

・社会起業家のイベントや集い

・グローバルコミュニケーションの機会

・Webマーケティング、ITストラテジの相談機会

・利用者との写真撮影とリアルとWEB掲載

社会起業家ブログSEO対策の講習とプロジェクトマネージメント

・ブログのいけてる写真素材

・社会起業家との食事会と番組表

・オーディエンス起業家のお店紹介と場提供

・お金のかからない、お店めぐり

・美女、イケメン、美談、音楽、ディナーの融合「ドリームソーシャルハッキング」

・ファンダネーションと特権企画・運用及び仲介

・機関誌、タブロイドの発行

100人の熱き社会起業家をSEO対策でソーシャルハッキング

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今ようやくこの先自分や行う新たな起業計画が具体化できた。

自分自身の定義をするならば「ソーシャルハッカー」

求めていたクールさがあり、ようやく辿り着けた。

ITの中で一番熱くなれるのが社会に大きな刺激を与えることだ。

ITは自分の中でSEO対策に他ならない。あとはアドテクノロジーは多くの人が出来るし

クリック課金の売上拡大や会社のブランドを上げるなんて事はとっくの昔にオワコンだ。

Facebookやインスタグラムで人気者になる、どうでもいい。更なる飽和の中で、

ポジションを持つ必要がある。

「社会的影響力」のあるインフラ構築、実に面白い

では実際「ソーシャルハッキング」が可能か不可能か?

可能だ。

どうやるか?政府が施す様々なWEB戦略に関して、特にSEO対策を活用し情報操作(インジャンクション)を行う。

インジャンクションとはあるべき方向を別の方向に変えるということだ。

WEBマーケティングを活用しユーザーの興味から『得られる情報』の風向きを変え、新たなディレクションを発生させることだ。これを「情報操作戦略」と定義する

「情報操作戦略」は政府に持たせない、熱き社会起業家へディレクションする。

インターネットはユーザー中心であり、その上自発性や自律心が強いチャネルだ

この一連のフローをコントロールして「ソーシャルハッキング」を実施する。

イメージするなら『アリの行列入れ替えモデル』である。

この『アリの行列入れ替えモデル』に必要とされる、コストは社会起業家に支援してもらい、インフラの設計・設定とルーティングは私が行う。

対象としたい分野は教育、障害者支援、若者就業支援、地域活性化、グローバル化、IT・WEB、ボランティア、音楽、マイナースポーツ活性化、ファイナンス教育、音楽ここは精査が必要

100人の熱き社会起業家に6ヶ月間無料で自身の得意とするSEO対策を実施する。

社会起業家には期待する効果が薄ければそのまま辞めてもらって構わない。

期待する効果と本実施に賛同いただけば一律年間24万円支援してもらう。

社会起業家がコストで得るものは「有効被リンク」の買い付けと醸成2点と、

私のソーシャルハッキングを見越したコンサルティングとディレクションである。

ここで醸成された「有効被リンク」は社会起業家のWEBサイトをフォローする。

フォローされたWEBサイトは特定の検索キーワードで検索上位になる。

Google、Yahooで上位に来れば、インターネットユーザーは社会起業家のサイトへ遷移する。

遷移されたサイト・コンテンツが素晴らしければユーザーへの意識植え付け可能となる。

政府のSEO対策を調べてみるとGoogle、Yahooの上位検索の母体となる被リンク数が概ね2000を超える。

現在自身が所有している有効被リンクは30足らずなので、政府が持っている2000に到達するには約100倍のリンクパワーが必要となる。

そこで「100人の熱き社会起業家」という目標設定としている

このリンクパワーを使って「ソーシャルハッキング」実現を目指す訳だ。

では実際実現するにあたり自分はどうするかプロジェクトマネージメントのスコープ定義が必要となる

1.独立起業する

2.インフラコストの一部を生活費とする:

(100人を達成できれば、2000万円/年集まる、実支出は500万〜700万円/年程度かかる為、800万円位の生活費は確保出来る)

3.リアルの社会起業家コミュニティーの創造支援を行う

4.社会起業家を成功させる

5.タスクとヒカルが活躍出来る環境とシステムを構築する

以上

何もない、何も来ない現実に苦しむ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は今まで様々な起業家を目の前で見てきた。

満を持して様々なことを考え、計画を取り組んできた起業家

いざ独立開業をしてみると、思っている以上に事が上手く進まない

社会で必要なものを用意出来ない、仕事もそうそう入って来ない、仲間がいない。

頭で想像している以上スピード間のある経営が出来ない。

暇というなの空間に焦り苦しむのである。

「自分で選んで切り開いた道」「自由を取ろうと選んだ道」

ところが社会と自分との大きなギャプが時には絶望感すら覚える。

誰もわかってくれない、誰も自分の話を聞いてくれない。

起業や経営とは幻の様なものだ。

この幻を冷静に捉えながら、進んでいかなくてはならない。

起業をするなら何がよいか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

独立して自らが進む道を突き進むという事は、起業家の憧れであり覚悟である。

起業すると自分の夢を実現したり、冒険でワクワクする事ばかりでもない。

元社員であったりすると、今まで会社に負担してもらった社会保険や年金などが全て失う事になる。

これは大きなリスクである。

社員は会社に「公的医療保険」「公的年金」「介護保険」「労災保険」「雇用保険」と5つの保険に守られて事を中々気づけない。

ところがこのリスク管理は凄く重要である。社会保険に関しての詳細は後ほど考えよう。

さて独立起業する際、何で独立するかが重要である。

私が進めるのは、在庫などの出勤がないもの、社会に求められてるもの、利益率が高いもの3点

例えば

1)人材紹介業・・・求人と採用を斡旋する事業である、在庫は人のため経費は基本かからない、社会的に人材不足な為需要が高い、医療やITは高単価な人材と認知されている為収益のメインである紹介手数料が高い。1人100万円程度に登るものもある為、上手く運用すると月200万〜300万円は稼げる

2)IT関連事業・・・国でも社会でも求められている事業である、在庫はソフトウェアやサーバー、ネットワーク環境であるが海外の格安サービスなどを利用すると経費は安い、社会性は先に述べた通りIT化がこの国の課題でITストラテジストなどの需要は高い、中長期間のプロジェクトが多くメンテナンスやネットワーク環境の提供など継続性の高いストックビジネスである。

3)介護事業・・・在庫は人である為人件費と管理費用が中心、現代社会において高齢化問題と介護職員、医療関連者の需要は減る事はない、社会保険における「公的医療保険」と「介護保険」の支払いになる為、運用管理させ上手くいけば収益が途絶える事はない、ただし制度もの為減算などのリスクは常に付きまとう

4)コンサルティング事業・・・経営コサルティングが中心になる、現在企業の存続が危ぶまれている、要するに中小企業などは社員を確保して、自社の収益を上げ、税金などを支払うというのはかなり困難となった。企業にとっては優しくない経済構造になりつつある。経営者は存続する為に、あらゆる事を考えるが中々上手くいかないそこで経営コンサルティングのニーズが高い。

これら需要の高い起業業種を選ぶと良いであろう。

ただ様々の知識や技術、人脈などが必要な為

自分が何を目指し、何をゴールとして、何を実現するかの目的と目標を明確にしないと、

社会からも人からも相手にされないで終わってしまう。

目的とゴールの明確化、ビジョンを明らかにする必要がある。

ぜひ起業家を目指している人は、これらの事を熟考してから行動に移してほしい

今注目の糖質ダイエットで起業

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


起業を考える上で何をもって起業するかを考えた。

高齢化や美容の意識が高い我が国にとって欠かせないのがダイエットである。

今やダイエットは女性だけのものではなくなっている。

その中で私が興味をもったのが糖質ダイエットである。

糖質ダイエットは結果をコミットするで有名なライザップでも重点的に取り入れているダイエット法で

糖質を制限するダイエットである、人が活動するには糖(インスリン)は不可欠になる。

ないと死んでしまうわけであるが、血糖値の上昇を抑えながら体内の糖質を減らしていくダイエットが糖質ダイエットである。これは需要が高い

起業家の道を考えてみた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「現在社会の歪んでいる」何て事は、いつの時代でも語られる訳だ。

本当に今が歪んでいるのか?そんな事はない

いつの時代も人は不合理に生きている、ただそれだけの事。

人が何人か集まればそれぞれの思想や環境、やりたい事、得意な事が集結し

まとまる事は無い。

みんな自分の得意な事、やりたい事を主張する。

自分の自由を求める。

でも社会でいる以上は良心や正義を貫きながら自分の道を歩みたい。

「自由」「社会貢献」「良心」の3つが整理できた時、

人は自己実現として独立や起業家への道を進みたいと考える。

自由で心も環境も金銭も豊かな実現をめざして

そして私はいま40歳を目前にして起業家として自立したいと考えはじめた